渡部昇一の少年日本史

 渡部昇一さんの、『少年日本史』を読んだ。

 神話と連続性のある歴史の書。

 肩肘張らず、気楽に読めるが、内容は薄くない。

 かつての少年も読むべき良書だと思う。

35