水泳

・このところ水泳をしているが、来月になったら強制帰宅の日もなくなるし、次回の検査で引っかかったら即入院予後不遼なので、何とも気持ちが晴れない。

・「天皇音楽史」読了。

 最初の方は伝説と事実が混交した記述があるが、天皇の演奏する楽器から皇統の正当性に関する意識を探る。取り扱う時代が広いからかやや踏み込み不足か。

・「藤原伊周・隆家」読了。

 中関白家没落の原因になった兄弟の伝記だが、隆家はおまけ。まあまあ。

・「カープ風雪十一年」読了。

 広島カープ創設の功労者(事務方の元記者)が語るカープ創設秘話。優勝どころか、まだ一度もAクラスに入ったことのない時代に書かれた本だが、それゆえにちょっとしたことにも幸せを感じているのが伝わってくる。結構際どいことを書いている。

・「極貧球団」読了。

 黒い霧事件から西武ライオンズ移転までの福岡時代のライオンズの歴史。面白かった。これも結構際どいことが書いてある。

(買った本)

観応の擾乱亀田俊和・著 中央公論新社

「真説楠木正成の生涯」家村和幸・著 宝島社

ユダヤ人の起源」シュロモー・サンド・著 高橋武智・監訳 佐々木康之、木村高子・訳 筑摩書房

カニバリズム論」中野美代子・著 筑摩書房

ヒトラーの裁判官フライスラー」ヘルムート・オルトナー・著 須藤正美・訳 白水社

広告を非表示にする